★第33回 水環境シンポジウム開催のお知らせ★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
    第33回 水環境シンポジウム
   「雨を制御し、活用する新たな建築をめざして」

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  地球温暖化に伴う小雨、多雨が現実のものとなりつつある今日、
  都市における豪雨や渇水などの水問題に対して、「水循環系の
  再生」が重要な課題となっています。
  その解決の手がかりとして、建築が「雨水をいかに制御し、活用
  するか」が要点となります。

  雨水をこれまでのように排除するのではなく、地球環境との関わ
  りの中で様々に活用することが社会的に求められてきています。
  それは建築のあり方そのものを大きく見直すことになります。

  (社)日本建築学会では、環境工学委員会の雨水建築規格化
  小委員会において、2011年3月を目処に建築における雨水活用
  システムのガイドラインづくりに取り組んでいます。 
    
  その刊行に先立ち、シンポジウムを開催し、建築に限らず河川や下水道、     
    水循環との関係も含めて総合的に課題の整理を行い、建築学会雨水建築規準の普及に向けた 議論を行います。

  主 催
: (社)日本建築学会   日 時 : 2010年11月13日(土) 13:00 ~ 17:00   会 場 : 建築会館 大ホール http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm         JR田町駅、都営地下鉄三田駅(浅草線、三田線)徒歩3分         〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号 TEL: 03-3456-2051   参加費 : 1500円 (会員1000円、登録メンバー・後援団体1200円、学生500円)   定 員 : 150名 (事前申込制)   申込方法 : 催し物名称、氏名、勤務先、所属、住所、電話番号を明記し                 下記申込先へ、メールまたはFAXにてお申し込みください。
  申込期限
: 11月10日 (定員の関係上、申込期限前でも締切となることがあります)
   申込・お問い合せ先
: (社)日本建築学会 担当:酒井氏                            mail:sakai@aij.or.jp FAX: 03-3456-2058  第33回 水環境シンポジウム
 「雨を制御し、活用する新たな建築をめざして」 
  ☆プログラム☆  
   主題説明 : 小瀬博之 (東洋大学准教授)
    1. 雨水活用システム規準案解説
      1). 設計規準 : 神谷博 (法政大学兼任講師)
      2). 製品規準 : 屋井裕幸 ((社) 雨水貯留浸透技術協会)
      3). 施工規準 : 青木一義 (西原衛生工業所)
      4). 運用規準 : 中臣昌広 (文京区文京保健所)
    2. コメント「今日の水問題と雨水の役割」
      1). 島谷幸宏 (九州大学教授) : 流域で取り組む雨水制御
      2). 古米弘明 (東京大学教授) : 都市の水循環とリスク管理
      3). 細見寛 (国土交通省中国地方整備局副局長) :次世代に向けた統合的な治水
    3. パネルディスカッション「雨を活用する新たな建築を目指して」
      コーディネーター : 村川三郎 (広島大学特任教授)
      パネリスト : 神谷博、屋井裕幸、青木一義、中臣昌広、島谷幸宏、古米弘明、細見寛
 
                                                           以上

 

powered by io-art.com