日本建築学会環境基準「雨水活用技術規準 」講習会開催のお知らせ

 日本建築学会環境基準「雨水活用技術規準(AIJES-W0003-2016)」が3月に発行されます。
 その規準についての講習会が開催されますので、是非ご参加ください。

 開催趣旨:
 この度、2011 年に発行した「雨水活用建築ガイドライン」の続編として「雨水活用技術規準」を刊行いたしました。
 ゲリラ豪雨が頻繁に起き、異常気象が極端気象と呼び替えられるに至った今日、これまでの下水道や河川では
 雨水に対応できなくなり、流域全体で面的に雨水を管理することが求められています。
 雨を防ぎ流し去るだけという建築のつくり方を根本的に見直す必要があることから、本規準では雨を貯めて活かす
 「蓄雨(ちくう)」という新たな概念を提示して
います。
 本規準では「蓄雨」の実践方法として、「雨水活用建築ガイドライン」に基づく敷地レベルでの造園や土木と連携した
 雨水管理の方法や、 雨水活用の
効果についての評価方法も示しています。今後、個人の家や庭のつくり方を含めて、
 全国で自治体雨水計画や地域雨水計画を立 てていく必要が生じます。
 その際には、「雨水活用建築ガイドライン」 や「雨水活用技術規準」を手掛かりに、地域の状況に即した計画を立てる
 ことができます。

 本講習会では、建築、造園、土木の技術者や自治体職員、市民、また雨水施設の管理者にとって、今後の設計、管理、
 運用に役立つ知見を提示いたします。

 主 催: 日本建築学会 環境工学委員会
 
 後 援: 雨水貯留浸透技術協会、雨水利用事業者の会、給排水設備研究会、
 (予定) 空気調和・衛生工学会、浄水器協会、東京建築士会、東京建築士事務所協会、
       土木学会、日本雨水資源化システム学会、日 本建築家協会、日本建築士会連合会、
       日本建築士事務所協会連合会、日本建設業連合会、日本生態系協会、日本レストルーム工業会

 日 時:2016年3月7日(月) 13:00~16:15 

 会 場:建築会館 ホール 港区芝5-26-20 JR田町駅・地下鉄三田駅より徒歩3分
    

 参加費(テキスト代含):日本建築学会会員 8,000 円、後援団体会員 10,000 円、上記以外 13,000 円
   ※事前払い(銀行振込、現金書留またはクレジットカード決済)

 申込方法: 申込書郵送 または Web申込

 定員:220名

 詳細については、こちらのページにてご確認ください。
    

 *インターネットでのLIVE配信(有料)も行います。詳細はこちらのページにてご確認ください。

powered by io-art.com