★第38回 水環境シンポジウム開催のお知らせ★

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
     第38回 水環境シンポジウム
 
       「雨水活用からはじめる水循環系の再生」
 
        -雨水活用技術規準の策定に向けて-

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

   

  
  水循環系を整える決め手は雨水の活用であり、河川や下水道だけの対応ではなく、
  個々の建築にも雨水活用の性能が求められる。そこで、これまでに建築学会規準の
  「雨水活用建築ガイドライン」や「雨の建築学」をはじめとする一般向けの本を出版し、
  雨水活用の研究と普及に努めてきた。さらに、現在作成中の「雨水活用技術規準」に
  より、実践的な雨水活用の発展を目指している。
  本シンポジウムにおいて、テーマとした「雨水活用からはじめる水循環再生」について
  議論し、技術的課題の整理を行う。

  主  催 : 一般社団法人 日本建築学会 水環境運営委員会 雨水活用技術規準策定小委員会 
  日  時 : 2014年3月1日(土) 13:30 ~ 17:30
  会  場 : 建築会館ホール
          JR田町駅、都営地下鉄三田駅(浅草線、三田線)徒歩3分
          〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号 TEL: 03-3456-2051
  参加費 : 会員1500円、会員外2500円、学生1000円(資料代含、当日会場で支払)
  定  員 : 150名 ※申し込み先着順で、定員に達し次第締切
  お問い合せ先 : 日本建築学会事務局 研究事業グループ 榎本氏 
               E-mail:enomoto@aij.or.jp TEL: 03-3456-2051

   参加費の申し込みはここをクリック!

 

 ☆プログラム☆

  挨 拶   水環境運営委員会主査 大塚雅之
  趣旨説明 雨水活用技術規準策定小委員会主査 神谷 博
  基調講演 「水循環系の再生と水循環基本法」
           竹村 公太郎 (公益社団法人リバーフロント研究所理事長)
  活動報告 「雨水活用技術策定に向けて」
           屋井 裕幸 (公益社団法人雨水貯留浸透技術協会 技術第二部部長)
  特別講演 「韓国におけるLID(Low Impact Development)とGI(Green Infrastructure)の取り組み」
           Hyun-Suk Shin (釜山大学教授)
  パネルディスカッション
          「雨水活用からはじめる水循環系の再生」
    コーディネーター   神谷 博  (法政大学兼任講師)
    パネリスト      笠井利浩 (福井工業大学准教授)/雨水活用による教育
             福岡孝則   (神戸大学特命准教授)/雨水活用とランドスケープデザイン
             金 賢兒   (千代田化工建設)/雨水活用と国際交流
             大西和也 (タニタハウジングウェア)/雨水活用と水質
             早坂悦子 (ロリーポップ)/「雨の家」で暮らす 

   
   ◇シンポジウムのチラシはここをクリック

 


 

powered by io-art.com