会則

雨水利用事業者の会 会則

第1章 総 則


(名称)
第1条 この会は「雨水利用事業者の会」と称する。

(目的)
第2条 雨水利用に関係する事業者が一堂に会し、会員相互及び市民、行政、研究機関との交流を通じて、
技術の向上と良質な製品・システムの普及を図る。

(事業)
第3条 本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)雨水利用に関する研究会、交流会の開催
(2)雨水利用を堆進するための広報・宣伝活動
(3)雨水利用展示場の運営
(4)その他、本会の目的達成に必要な事業

(会員)
第4条 本会は雨水利用を事業として営み、本会の目的に賛同する企業が会員となって構成するものとする。

第2章 会 員

(入会)
第5条 本会に入会を希望する者は、入会申込書、会社案内等の種類一式を揃え、会長に申し込むものとする。
2,入会の申込があった場合、会長は幹事会に諮った上でその可否を判断・決定し、申込者に通知する。

(資格の喪失)
第6条 会員は次の各号の1つに該当するときは、その資格を失う。
(1)退会したとき
(2)除名されたとき
(3)会が解散したとき
(4)破産したとき

(退会)
第7条 会員が退会しようとするときは、1ヶ月以前の届け出により退会することがでる。
ただし、未納の会費があればこれを完納し、且つ既納の会費は返還しないものとする。

(除名)
第8条 会員が次の各号の1つに該当するときは、会長は、幹事会または総会に図ってその是非を判断し、除名することができる。
(1)本会の秩序を乱す行為、または本会の名誉を著しく傷つける行為があっとき
(2)会費の滞納が相当額に達したとき

第3章 役員及び相談役

(役員)
第9条 この会に次の役員を置く。
会長 1名
幹事 若干名
監事 1名

(役員の選任)
第10条 役員は、総会において選任する。

(相談役の選任)
第11条 相談役は会長が必要に応じて、会員外の有識者から若干名を選任する。

(役員の職務)
第12条 役員は次の会務を行う
(1)会長は会務を総括し、本会を代表する
(2)幹事は会の運営に必要な企画立案、庶務、渉外、会計などの会務を担当する。
(3)監事は本会の会計を監査する。

(相談役の役割)
第13条 相談役は本会に助言を与え、本会の活動を側面から支援する。

(役員および相談役の任期)
第14条 役員および相談役の任期は1年とする。ただし再選を妨げない。

第4章 会 議

(会議の種別)
第15条 会議は、全会員で行う総会、役員による幹事会及び必要に応じて召集するテーマ別部会とする。
2,総会は、通常総会及び臨時総会とする。

(開催)
第16条 会議は、会長が召集し、次の通り開催する。
(1)通常総会は毎年1回、事業年度終了後、2ケ月以内に開催する。
(2)臨時総会は会の重要事項を審議するために、会長が必要と認めた時に召集する。
(3)運営委員会の長は会長が努めることとし、定期的及び必要に応じて随時開催する。
(4)テーマ別会議は幹事会がテーマを決め、会員全社に通知して行う。

(定足数)
第17条 総会は委任状によるものを含め、全会員の2分の1以上の出席をもって成立する。

(議決)
第18条 総会の議事は各社を代表して出席(1社1名)する出席会員の過半数をもって決定する。
ただし、可否同数の時は、議長の決するところによる。

第5章 会 計

(会計年度)
第19条 本会の会計年度は毎年5月1日から翌年の4月30日迄とする。

(経費)
第20条 本会運営のための経費は入会金、年会費その他の収入をもってこれに当てることとし、その金額は次の通りとする。
(1)入会金 20,000円
(2)年会費 36,000円(ただし年度途中の入会の場合は月額3,000円として月割り計算するものとする)

(予算)
第21条 本会の収支予算は、総会の議決を経て定める。ただし、当該年度が終了し予算が成立
するまでの間は前年度予算に準じて執行する。

(決算)
第22条 本会の収支決算は、監事の監査を経て、総会の承認を得なければならない。

第6章 付 則

(会則の変更)
第23条 会則の変更は総会の議決によるものとする。

(施行)
第24条 本会則は平成12年11月6日から施行する。

powered by io-art.com